京都北部地域与謝野町の車屋さん安田自動車。車の販売・車検・故障修理・鈑金塗装・保険他、車に関する小さな事から大きな事まで確かな技術と親身な対応でお客様のカーライフをサポートいたします!

nori

8月 162021
 

久々の投稿となりましたが、今回紹介するのはダイハツタントのオイル消費(減り)の修理になります。

修理させていただく事になったお車は、平成20年式ダイハツタント L375S型になり走行は9万キロ。

症状としてはオイル消費がひどく、最終的にはオイル交換後2500km時点でエンジンより異音発生、オイル残量が500mlぐらいまで減少していました。
ただ、エンジンオイルを交換すると異音は止まり、普通に走れるようになるので、通常よりオイル交換スパンを短くするか、途中でオイルを足せば走れなくない状態ではあります。

とはいえ、これでは根本解決とはならないため、思い切ってエンジンオーバーホールして修理する運びとなりました。

肝心のオイル消費の原因ですが、外部にオイルが漏れている訳ではありません。
いわゆるピルトンからのオイル上がりで、エンジンのシリンダー内にオイルが入り、燃焼時にオイルを一緒に燃やしてしまいエンジンオイルが減るという事です。
ですのでオイル消費という言い方になるのです。

で、なぜピルトンからオイルが燃焼室に入ってしまうのかと言いますと、ピストンにはいわゆる圧縮を保つための、ピストンリングと共に、シリンダー内にオイルが入るのを防いだり、シリンダー壁面の潤滑オイルを掻き出したりする役目のオイルリングがあります。

そのオイルリングの機能が不全となり、オイル消費を引き起こしてしまうのです。

ではそのオイルリングが破損したり摩耗したりするの?という事になるのですが、この車の場合は原因はそうでは無くオイルリング部にオイルスラッジが詰まり固着し、オイルリングの膨張力を奪う事により、本来のオイルリングの役目を果たせなくなる、という理由です。
img_20210720162437

 

前置きが長くなってしまいましたが、いよいよエンジン分解へと進みます。

img_20210717173359

上の写真はすでにエンジン分解作業が進み、後はエンジンシリンダーヘッドを下ろすだけまで進んだ物です。

 

img_20210717173334

こちらがすでに取り外されている、タイミングチェーンとカムシャフト類。

これまで作業内容は、長くなるので割愛させていただきます。

 

img_20210719164854 (1)

シリンダーヘッドが下りてようやくピルトンを拝むことが出来ました。ありがたや~(笑

ピストンヘッドを見るとそれなりにスラッジが堆積している様子が分かりますね。

 

img_20210719193742 (1)

そしてこちらが取り外されたピストン。

 

img_20210720162437

3本のリングのうち、コンロッド側にある波状になった形状に見えるのがオイルリングになります。

やはりスラッジで固まってしまって固着していました。

 

img_20210720162431

こちらが取り外されたピストンリングNo1とNo2、そしてオイルリングです。

オイルリングは波状リングとそれを挟むように上下に薄いリングとの3層構造になています。

オイルリングはスラッジが固まっていて取りにくい場合があるようですが、意外とすんなり外れました。

ただ、はめる時に少し苦労しました。

溝のスラッジをちゃんと除去しないと中々入らないのと、入れやすい順番があって私の場合は波状リングを先に入れてから、上下の薄いリングを後ではめました。

正式な入れる順番とかあるのかもしれませんが、その辺は修理書には書いてなかったようです。もちろんリングの切り欠きをずらすのは基本ですね。

 

3つのシリンダーピストンのオイルリングを交換し、今度は組み付け工程に移ります。

ピストンをシリンダーに入れる道具を久々に使うもんで、その道具を見つけるのに一苦労でした(笑

無事に組み終わり試運転して確認し、お客様に納車。

今回の修理はオイル消費なので、目に見えてどこが直ったという訳ではありませんので、結果は3000km後に分かる、という事になります。

 

今回のピストンリングの固着でのオイル消費ですが、オイルメンテナンスの不良が主な原因ではあるのですが、ただこの車のエンジンの場合はそれだけでは無いように感じています。

うちのお客様で同じタントのお車なんですが、年間走行が3万キロぐらい走るので、オイル交換がそれほどマメに出来てないにも関わらず、15万キロ走った時点でもオイル消費はしていませんでした。
あくまで個人の私見ですが、車にあまり乗らなくてエンジンをかける事が少ない車の方が発生しやすいのでは、と思っています。

修理に詳しいメカニックの方なら、よくご存じかと思いますが、この年式あたりのタントに限らずムーヴなど同じKFエンジンを使っていますが、実は比較的良くある事例なんですよね。

ちょっと前まで、ダイハツさんは同じ修理を延長保証でされていたと聞きます。

ちなみにダイハツさんだけではなく、ト〇タさんのエンジンでも、この辺の年式の車で同様の原因でオイル消費が頻発していました。

まぁトヨ〇さんの場合は、スラッジ関係なしに負圧でシリンダーがオイルを吸い上げるパターンのオイル上がりが多いみたいですが。

ただその場合も結局はピルトンのオイルリングを交換していたみたいですね。

そのためピストンのオイルリングに何らかの問題があるのでは?という憶測も流れましたがあくまで憶測という事で、真相は皆さんもネット上で探してみて下さい(笑

3月 012020
 

DSC_0345

DSC_0346
大変の待たせいたしました!
今話題の新型ハスラーが発売となり約1カ月。

人気沸騰で入庫困難なため遅れていましたが、ようやく当店にも試乗車が入庫しました!
試乗車は雪国では必須の4WDで、もちろんCMでおなじみの9インチナビ+全方位カメラ装備です!

なんと今回新型ハスラー発売記念としまして、先着順で当店独自のお買い得な特典もご用意しております。

与謝野町で新型ハスラーが気になってるだけど・・って方。
いつでも試乗いただけますので、当店へお気軽にご来店下さい!

12月 252019
 

今回修理させていただいたのは、HM4型ホンダバモスでした。

最初にお電話で連絡いただいた時は、エンジンがかからないので見にきてほしいというもの。

自宅に出張し、私が実際にエンジンを始動を試みると、スターターも勢いよく回り普通にエンジンが始動。

お客様によると確かに何度やってもかからなかったのに、何で?との事。

車両を持ち帰り、診断機で故障コード履歴を調べるも異常コードの履歴は無し。

とりあえず摩耗ぎみだったプラグを交換し、一度納車し様子を見ていただくことに。

 

しかし1週間後にまた始動が出来ないとのお電話。

現場に出向きエンジンを始動してみると、やはり普通に始動してしまいました。

 

そこで本格的に原因を調べるためお車を預かり点検する事になりました。

 

この手の修理はとにかく症状が出ないと調べようが無いので、長期戦も覚悟の上でやるしかなさそうです。

案の定、症状は2~3日しても出る事が無く、これは困った事になったなぁ・・と思い、いよいよ迷宮入りかと頭を悩ませていた所、ある日突然エンジン始動不良の症状が!

このタイミングを逃してはいけない!とばかりに、とにかくこの状況でECUの異常コードを調べるため、診断機を接続しエンジンを始動!

・・・すると普通にエンジンがかかってしましました(汗

しかもその後何度も始動を試みても、いたって普通にエンジン始動、調子も全然問題ない感じです。

まじかぁ~振り出しに戻ったかぁ・・と半ばあきらめてかけていたところ、別の修理が入ったので、とりあえず一旦診断機を外し別の修理へ。

別の修理を終え、再度バモスの修理へチャレンジ。とばかりにエンジンを始動すると、今度はエンジン始動しな~い!

やった~!って直った訳じゃないんですけどね(笑

この状況を逃してはなるものかと、今回はその状態で各リレーの点検、フューエルポンプ系点検も全く異常ナシ。

またバモス、アクティ系でよくあるエンジンとボディを繋ぐアースの断線も点検しましたがそこも問題無し。

と言うことで再度診断機をつないで、再始動・・・とまたもやフツ~に始動(汗

あ!もしやこれって診断機つないだ時だけ始動できるの?と思い、診断機を外してみると、予想通りエンジン始動出来ず。

あ~なるほど。これって診断機つないだ時だけ何らかの理由で回路が成立し普通になるって事か。

 

そこで配線図を用意しにらめっこ開始(笑

DSC_0266

電源系は先に点検して問題無かったので、やはりアース系が怪しい感じです。

ECUのアースを点検するも異常ナシ。

では何故?

そこで診断機を接続するデータリンクカプラへ接続されている配線をたどってみてみると、下記写真の茶/黄の配線にショートカプラーを介して繋がっている事に気づきました。

DSC_0273

この時までECUがこんな所でもアースされている事に気づきませんでした。

他のメーカーのECUではあまり見かけないので、全然気づきませんでしたが、ホンダのPGM-FIではこんなところからもアースを取っていたんです。

修理書によると、ECUから直接配線されている黒線アースはパワーグランドという名称で、もう一つの茶黄の方がロジックグランドと分けられているみたいです。

ECUの内部でアースが2系統あるようで、今回問題があったのはロジックグランド側のアースだったみたいです。

ここのアースはどこにつながっているかというと、エンジンインテークマニホールド上部にグランドアースと共にボルト止めされていて、こことECUの間の断線が疑われます。

本来ならここの間の配線を修理するのですが、沢山の配線と共にまとめて被覆を覆い配線されているため、実際には特定の配線だけをを交換するのは不可能。

そこでECUの出口付近のロジックグラウンドアースを分岐し、ボディーアースする事で対応することにしました。

修理後は問題なくエンジンが始動できてているようで一安心です。

 

今回の修理は、まず最初の段階で症状がたまにしか出ず、しかも始動不良だけでエンストの症状は出ていなかった、という事で手間取りました。

我々整備士にとってトラブルシューティングにおいて「たまにしか出ない症状」が本当にやっかいです。

たまにしか出ない症状のために、非常に長い間の時間と労力を必要とする場合もよくある話です。

そう考えると早い段階で症状が常態化した事で、長期戦に至る前に完治出来た事は運に助けられた部分もありますね~

7月 282019
 

今回の修理はズズキキャリィ―トラックDB52T型4WD、5速ミッションの2速の入りが悪いという事で修理のご依頼をいただきました。

キャリートラックのミッション修理に関しましては、過去にも何度かさせていただいておりまして、今回も同様の修理になります。

過去の記事 キャリィミッション修理

調べたところ、古いジムニー等も同様のミッション形式になるようですね。

 

まずは4WDなので、いつもいのようにトアンスファケース一体でミッションを下ろします。

img_20190422172201

 

ミッションをトランスファ側から分解していきます。

下の写真は5速とリバースギア関連。

img_20190426191032

 

さらに分解をすすめてミッションケースが2つ割りになった状態です。

img_20190426192726

 

これがメインシャフトでここに12、34速のギアとシンクロ関連があります。

img_20190426192733

 

各ベアリングはプーリプラーやプレスなどを使い新品と組み替えます。

img_20190510145705

 

こっちがカウンターシャフトで、ケースよりシャフトを抜いてベアリング交換が必要です。

img_20190510171428

 

組み付けの時に間違わないよう、ある程度順番に並べておきます。

ちなみにそこそこ回数をこなすと、同じミッションなら修理書が無くても大体出来るようになります。

img_20190510145708

 

こちらが問題の2速シンクロ部です。

写真では分かりにくいですが、金色のシンクロナイザリングの切り欠き部が摩耗してました。

img_20190626094301img_20190626094310

 

こちらがメインシャフト、カウンターシャフト関連のベアリングです。

img_20190511181959

こっちがトランスファ関連のベアリング類です。

img_20190518181026

バラした部品を再度組み付ければ完成!となります。

 

実は今回の修理のご依頼主様は他県遠方の方で、わざわざお車でご来店いただき、そこからは電車等の公共交通機関でお帰り頂きました。

ご依頼主様からは、修理は当初から長期でゆっくりでいいですよ、と言われていましたが、予定以上にお時間を頂だいたにも関わらずご理解をいただき大変有難かったです。

またお車のお引取り時にも、当店地域は交通の便が悪く不便な地域ですが、電車で遠路お越しいただきありがとうございました。

12月 292018
 

ヘッドライトの黄ばみやくすみがあると、せっかくキレイに乗っておられるお車でも古く見えてしまい本当にもったいないですよね。

ヘッドライトのレンズは、強度と耐久性を持たす必要がありポリカーボネート樹脂で出来ています。

ただこのポリカーボネート樹脂は、日光の紫外線に弱くそのままではすぐに黄ばんでしまします。

そこでヘッドライトレンズにはそれを防ぐコーティングがされているのですが、長年の使用によりコーティングが劣化し黄ばみやくすみの原因になります。
0124831_20181230143603_266_P_Pit_Blog_01

そこでご自分でヘッドライトを磨きコーティングするDIY商品を使い、常にキレイに保っておられる方も多いかと。

ただその効果は長くても3カ月程度というのが大半です。

 

そこで当社では数ヶ月程度しか効果が無いヘッドライトコーティングではなく、長期間もつ本格的ヘッドライトコーティングを行っています。

ヘッドライトのレンズ面を研磨し汚れや古いコーティングを完全除去。

0124831_20181230143616_792_P_Pit_Blog_02

そして再度ヘッドライト専用ハードコーティングをガンんにてを吹き付け塗装するので、仕上がりも良く効果も長持ちします。

0124831_20181230143634_960_P_Pit_Blog_03

ヘッドライトの黄ばみやくすみでお悩みの方、ぜひ一度当社にご相談ください!

 

標準施工費 8500円~

*ヘッドライトの状態によっては施工が出来ない場合もあります。

*ヘッドライト脱着工賃が別途必要になります。